松山三四六オフィシャルサイト

News

三四六Webトップ / ニュース / ニューアルバム『手の中のキャンディ』歌詞公開 第3弾!!

ニューアルバム『手の中のキャンディ』歌詞公開 第3弾!!

 2018/06/22     

6月24日(日)に発売される
松山三四六25周年記念ミニアルバム”手の中のキャンディ”より
『サムライの花』
『君はあの山を見たか』の歌詞を先行公開します!!

 

サムライの花

───────────────────────────────────

作詞:松山三四六 作曲:村上雄信

───────────────────────────────────

旅人よ しばし待たれよ
何故に 空けな目をしてる
案ずるな お供いたそう
それがしと この山道を行こう

弱き言の葉 言うなかれ
禍福とは 糾える縄のごとし!

狭き道も 砂利にぬかるむ道も
苦しければ 俯いてもいいだろう
咲いているか そこに花は咲いているか
泥を被り されど凛と咲いている
それが 覚悟を抱いた それがサムライよ

旅人よ しばし待たれよ
憎しみに 仇を討つなよ
気を焦らず 刀を抜かず
目を閉じて 心を討つのだ
憂い 羨み 持つなかれ 
武士道は 生き抜くことと見つけたり!

長き坂に 嵐に折れた木々も
精霊が宿る 証に苔も生えよう
揺れているか そこに花は揺れているか
露に濡れて されど知らず咲いている
それが 覚悟を抱いた それがサムライよ

 

  

君はあの山を見たか

───────────────────────────────────

作詞:松山三四六 作曲:村上雄信

───────────────────────────────────

笑ってる人の顔は 楽しそうなのに
笑おうとしてる人は 悲しげなのです
僕を奮い立たせる 言葉があるなら
諦めず投げかけて どうか投げかけて

ああ 君はあの山を見たか ああ 朝焼けに赤く染まる あの山を見たか

死ぬ気で登りつめて 最果てに立ってみれば
そこは まだ最果じゃないことを知るだろう
勇気ある旅人が 絶えることなく挑むのは
そこが まだ自分がいるべき場所じゃないから

枯れ果てた大地に 井戸を掘るのは
名誉が欲しいのでなく 生きて行くため
君に寄り添うだけの 時間があるなら
この身ごと捧げよう 全部捧げよう

ああ 君はあの山を見たか ああ 寒風に曝され耐える あの山を見たか

涙をこらえながら 真実を見ようとすれば
それは もう真実じゃないことを知るだろう
寂しげなあの少年が 語ることなく秘めるのは
そこが まだ信じるに値しない場所だから

毎日晴れていれば 花は咲き続けますか?
毎日雨降りなら  大地は潤うのですか?
昨日苦しんだから 今日は幸せになれますか? 
明日を待っていたら 希望が持てるのですか?

カテゴリー

最新のニュース

タグ

月別アーカイブ